マンション購入時の節税について

マンションを購入する際に課税される不動産取得税については軽減の制度があり、購入するマンションの床面積によっては課税される額がほとんどなくなる場合があります。
床面積などの要件がありまた中古物件の場合はそこに住む必要があるなどの要件が加わりますが、いずれにしても節税を行う上で課税される場合と課税されない場合とでは数十万円も変わってくる場合があるので、できるだけ軽減の対象になる物件を探した方が節税の面では有利になります。
なお、中古の物件の購入時には自分で申請をする必要がありますが、新築の場合はマンション管理会社や販売会社などが代行してくれる場合もあります。つまりとりまとめて都道府県の不動産取得税担当課に申請してくれるということです。ただし、管理組合や販売会社側で一切何もしないところもあるので、ケースバイケースとして考える必要があります。
他にも、固定資産税の問題がありますが、こちらも同様に軽減の対象として市町村の固定資産税の課税担当課が見てくれる場合があるのであらかじめ確認して、購入を希望する物件が対象になるかどうかをしっかりと確認しておくことが重要です。
また住宅ローン減税も可能であれば行うことで、所得税の節税につなげることができます。これは国税になるため税務署で確認を行う必要がありますが、大抵の場合はこの住宅ローン減税を売りにして不動産業者側が販売してくるので、彼らにある程度確認することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>